羅建民

パートナー・弁護士・特許弁理士

1985年~2000年にかけて湖南省特許サービスセンターにて技術開発部部長を務め、1995年に副研究員の職に昇進。

2002年7月に湖南省特許サービスセンターが「長沙正奇特許事務所(有限責任公司)」と「湖南正奇特許商標事務所(有限公司)」に改名されたのに伴い、両事務所の所長に就く。

1985年より特許代理及び法務に携わって以来、特許出願、侵害訴訟、審判請求、無効化手続き、技術ライセンス取引きなどを数多く代理。技術分野は化学加工、無機材料、有機材料、生物材料(遺伝子を含む)、医薬、農学、林学、機械、電子、メカトロニクス、ソフトウェアなど。

中華全国特許弁理士協会の理事を務めた経歴を持ち、現在は天昊特許事務所法務部主管。

取扱い言語:中国語・英語

 

鄭洪

パートナー・弁護士

15年にわたる知財業務経験を持ち、特に知財紛争の解決に注力。取扱い分野は商標行政・民事訴訟、特許民事訴訟、ネット上の権利侵害紛争、不当競争紛争、ドメイン名紛争、模倣品対策、税関保護、常勤の法律顧問など。

Sika、John Deere、スバル、ヤマハ、HID、Innovation、中国米国商会(AmCham China)、レノボ、百度(バイドゥ)、大益集団(Taetea Group)、中金公司(中国国際金融股份有限公司)、中泰券、卡賓服飾(Cabbeen)など、数々の有名ブランドや一流企業に対して知財訴訟や訴訟以外の法的サービスを提供。

自ら提示した権利侵害分析報告を基に、経済的な知財保護プランを提案。顧客権益の保護につながる巧みな交渉術や訴訟手法のほか、悪意ある商標先取り登録や権利侵害行為への対抗策を通し、顧客様から高い評価を獲得。

取扱い分野は電子工学、化学工業、アパレル、化粧品、飲食品、出版、自動車、家具、小売業など多岐にわたる。

非訴訟案件を数多く処理する一方で、160件以上の国内外知財訴訟案件の代理経験を持ち、うち幾つかは知財界で大きな注目を浴びた。

2012年度の最高人民法院知財審判指導案例、北京市海淀区人民法院十大ネット不当競争典型案例、2017年度北京法院知財十大革新的案例などに同氏代理案件が選出されている。

取扱い言語:中国語・英語

 

 劉莉莉

 弁護士

2011年6月中国政法大学卒、法学修士。

2015年より天昊特許事務所にて補佐弁護士を務める。

取扱い言語:中国語・英語

10th Floor, Tower D, Minsheng Financial Center, 28 Jianguomennei Avenue, Dongcheng District, Beijing 100005, China
Telephone: (86 10) 8529 5526 Fax: (86 10) 8529 5528 E-mail:email
京ICP备05017717号 | 京公网安备11010102001062号 | Disclaimers | Copyright | Privacy Statement